Visa Trip✈️ シンガポール編


こんにちは、華音です❣️

このブログにお越しいただきありがとうございます。




今回の転職で、勤務する会社が変るにあたり、Visaも新しく申請しないといけなくて、

手続きや法律がややこし過ぎて、何も説明ができないのですが💦

手続きも会社がしてくれるので、言われた通りのことを実行していくわけなのですが、

個人の条件によって、その手続きの順番や、必要なことや書類も全然違うんですよね。



今回の私の場合は、Visaをゲットするまでに、マレーシアから48時間以上出国を2回しなければいけなくなり、

11月4日の16時に仕事を上がって、そのまますぐ空港に行き、

お隣のシンガポールへ飛び、6日の深夜に帰ってくるというVisa Tripを先ずこなしました。



7日は朝7時から仕事なので、とにかく無理はせず、ゆっくりすることを最優先にしました。




私はもともと旅行好きの観光嫌いなので、いつもホテル重視で予約をとって、
ゆっくり目の日程を組んで、ホテルからほとんど出ない日を作る旅行スタイルなのですが、

今回は、日程に余裕がないので、ホテルで過ごすつもりで行きました。


せっかくなので、旅行の写真を紹介させていただきますね。


マレーシアのメインの国際空港は、航空会社によって2つのエリアに別れていて、

今回利用したブロックには、とっても雰囲気のいい大好きなスタバがあります。

せっかくなので、もちろん行きました〜☕️






スタバって、もともとの建物をうまくリノベして、ご当地感をステキに出したりが上手だなって思うんですけど、

ここのスタバも空港感を最大限に活かしていて、こんな景色見ながらゆったりできるって、贅沢だなぁって思います💕



街中のスタバとはまた違って、テーブルの配置も、間隔がかなり広くてとっても優雅な雰囲気です。


シンガポールでは、ガイドブックに必ず紹介されるベイサンズには、

全くかすらない予定で笑、

以前に行きたかったんですが、行けなかったカトンという地区に、

とってもカワイイ部屋を見つけたので、

そこのホテルお目当てで行く事にしました。




日本にいた頃は、温泉やバスタブに興味がなく、冬もシャワーだけで平気だったのですが、

マレーシアの住居には、ほとんどバスタブが設置されておらず、バスタブに全く浸かる機会がないので、

さすがにお湯に浸かりたいと思うようになりました。



ですので、最近ホテルの予約をする時の条件は、

そこそこキレイなバスタブがある部屋になっています。



多分、私はホテルを探したり、うまく予約するのが得意で好きなので、

今回も頑張って探しました。



時どき、お友だちの予約を代わりに探したりして、喜んでいただいたりしています✌️




カトンという地区は、マレー系のとってもカワイイ民族調の文化が残っている地域で、

その雰囲気をテーマにしたホテルの、バスタブがあるグレードの部屋に泊まりました。



女性はこんなお部屋、好きな方多いのではないでしょうか😍





こちらが、楽しみにしていたバスタブです💕💕💕






朝食とラウンジ付きのプランにしたので、このお部屋でのんびりして、

ほとんどホテルに引きこもり、軽食やお食事をとりました🍽



せっかくなので、1時間ほどだけ、ホテルの周りを徒歩で回って、

カトンの雰囲気を味わった事にしておきました〜。満足🙌



こちらがカトンの街並みなのですが、

プラナカン様式のつながったカワイイ建物が、並んでいます。






全然違っていたら申し訳ないのですが、つながっていて、歴史ある風情ある建物という事で、関西人の私は、京都の町屋のような印象を受けました。



シンガポール自体はとっても都会ですし、日本より景気もよく発展している印象を受けます。



海外旅行で、けっこう面倒なのが、現地通過への換金と、

携帯電話のSim問題かと思うのですが、

だんだん手間がかからない世の中になってきたな〜と感じる旅行になりました。



私は海外旅行で、現地通貨に換金するのがあまり好きではないのですが、

今回はとうとう全く換金せず過ごしてしまいました。




海外で生活したり、旅行するときに、一番必要なのは携帯電話だと思っているのですが、今回はSimも準備せず乗り込んでみました。



マレーシアのMaxisという会社のSimを使って生活していますが、

勝手にチャージしてる金額から、シンガポールで使う用の設定の金額を引かれ、

そのまま何の手続きも操作もせず、シンガポールで携帯電話を使うことができました。

しかもそんなに高額ではないので、ストレスフリーでした。




もう一つ今回、便利さに感動したのは、Grabというマレーシアで毎日利用している、登録制の個人タクシーのようなアプリとシステムです。




シンガポールは小さい国ですし、電車が大変便利なので、前回のシンガポール旅行は、

日本では車ばかりで、電車には滅多に乗らない私が、

ストレスなく電車で移動していたのですが、

今回は時間もなく、深夜に移動ということもあり、

Grabを利用してみました。



こちらも、アプリの設定を全く変更する必要なく、

お支払い方法をクレカにしておけば、空港に車を呼んで、

現金を持たずに目的地まで移動できるので、

違う国でこんなに何も準備せず、旅行が可能な世界になってきたんだなぁと、

改めて、便利さに感動しました。




もともと同じ国だったので、ルーツや雰囲気は共通するところは多いのでしょうが、

今や、マレーシアとシンガポールは、根本的に違ってきているように感じます。

シンガポールの方が発展していて綺麗です。

物価が非常に高く、なかなか簡単に移住はできないですが、

住めるのなら、シンガポールに住みたいなと思います。



シンガポールのチャンギ空港は、とても清潔だし、

綺麗で居心地がいいです。


おそらく季節ごとに、デコレーションは変わるのでしょうけど、

私が行った時は少しクリスマスの雰囲気でした。






あと、チャンギ空港には、ルイヴィトンの免税店が…✨

今回は入りませんでしたが、いつか時間もお金も気にせず、

行けるようになりたいものです😍





お読みいただきありがとうございました😘











この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報

    ページの先頭へ

    海外,コールセンター,ファッション,ノマド,ショッピング,化粧品,マレーシア